出羽鶴酒造株式会社
「出羽鶴」

1865年、出羽国・南楢岡(現在の秋田県大仙市)で「ヤマト酒造店」が創業。1913年には株式会社となり、鶴のように優美な出羽の国の酒となるよう願いを込めて「出羽鶴」という酒名が命名されました。大仙市南外は土壌が良く、夏から秋は温暖湿潤で酒米の栽培に適していると云われています。冬は寒冷多雪であり、蔵を取り巻く出羽丘陵からもたらされる清冽な湧水を使って酒造りを行っています。

イラスト/杜氏・佐々木亮博

令和2年杜氏として入社。酒造歴は32年目、杜氏歴は19年目。蔵人同士の雰囲気作りを重んじている。長風呂で大量に汗をかくこと、お酒を呑みながら仲間とカラオケやダーツをするのが趣味。

分類純米吟醸
使用米秋田酒こまち100%
精米歩合50%
使用酵母UT-1
アルコール度数16度
日本酒度非公開

ご購入は秋田特産品サイト「秋田ずらり」から

参加蔵の詳細とお酒のスペック
(蔵のロゴをクリックしてご覧ください)