合名会社栗林酒造店
「春霞」

明治7(1874)年創業。仙北平野の良質な米と豊富な地下水に恵まれ、かつては20以上の酒蔵があったとされている秋田県六郷村(現在の美郷町)にあります。昭和44(1969)年からは地元出身の亀山精司氏が杜氏を務め、全国鑑評会で7度の受賞を重ねました。この時期の協会9号系酵母での酒造りが、現在の基礎のひとつとなっています。

イラスト/製造責任者・栗林直章

平成7年に蔵に入る。秋田の酒米である「美郷錦」で、ご飯のおかずにも合う食中向きのお酒を醸したいと考えている。趣味は音楽鑑賞と旅行。日本酒、クラフトビール、ワインなどの醸造酒が好き。

分類純米吟醸
使用米美郷町産美郷錦100%
精米歩合55%
使用酵母非公開
アルコール度数16度
日本酒度+1.0

ご購入は秋田特産品サイト「秋田ずらり」から

参加蔵の詳細とお酒のスペック
(蔵のロゴをクリックしてご覧ください)