刈穂酒造株式会社
「刈穂」

大正2年創業。酒名である「刈穂」は、百人一首の最初の歌としても知られる「秋の田のかりほの庵のとまをあらみ わが衣手は露にぬれつつ」に由来しています。全量を六槽の酒槽で搾る、全国的にも珍しい酒蔵です。

イラスト/蔵人(酛屋担当)・奥山大輝

平成30年入社。蔵人(酛屋歴)4年目。自分の持ち場以外の担当者とのコミュニケーションを大切にしながら、酒造りに取り組む。趣味は写真撮影。辛口の日本酒が好き。最近はクラフトビールも好んで呑む。

分類純米吟醸
使用米一穂積100%
精米歩合50%
使用酵母自社酵母
アルコール度数16度
日本酒度非公開

ご購入は秋田特産品サイト「秋田ずらり」から

参加蔵の詳細とお酒のスペック
(蔵のロゴをクリックしてご覧ください)