小玉醸造株式会社
「太平山」

小玉醸造株式会社の創業は明治12年(1879)、創業者の小玉久米之助が醤油・味噌の醸造を手がけたことに始まります。大正2年に酒造業に着手、地域で最も親しまれている名峰に由来する「太平山」ブランドの酒を世に送り出します。あえて手間暇のかかる生もとや吟醸を主力としたこだわりの酒造りを続ける、ちょっと頑固な蔵元としても知られています。

イラスト/杜氏・猿田修

高校卒業後、昭和50年入社。杜氏歴15年。「蔵人の和なくして良い酒は醸せない」というモットーのもと、小玉醸造一筋で酒造りに取り組む。レスリング選手だったスポーツマンで、現在の趣味はスポーツ観戦。

分類純米大吟醸
使用米秋田酒こまち100%
精米歩合40%
使用酵母M-310
アルコール度数16度
日本酒度‐2.0

ご購入は秋田特産品サイト「秋田ずらり」から

参加蔵の詳細とお酒のスペック
(蔵のロゴをクリックしてご覧ください)